福岡県のペット火葬/ペット葬儀|天国への扉 ペットメモリアル福岡

【8,250円(税込)~】福岡でペット火葬、ペット葬儀を24時間年中無休にて対応します。

ホームブログ ≫ 動物葬祭ディレクターとは? ≫

動物葬祭ディレクターとは?

148340

ペットが亡くなった際に、葬儀業者はどのような基準で探せばいいのか分からないという方がほとんどだと思います。
近年では、水回りのトラブルで所謂ボッタクリの被害にあったというような話しも良く耳にすることがありますので、使い慣れない業種の業者を利用する際は警戒するに越したことはありません。

クリーンなペット火葬業者を選定するには「動物葬祭ディレクター」の有資格者が在籍していることを判断基準にするのがオススメです。
ここでは動物葬祭ディレクターについて分かりやすくまとめましたので良ければ参考にしてください。

今回は、動物葬祭ディレクターについて紹介させて頂きます。

動物葬祭ディレクターとは?

動物葬祭ディレクターとは、一般社団法人日本動物葬儀霊園協会が実施している資格です。
ディレクターとは、指揮者や管理者を示す言葉ですので、動物葬祭の責任者としての役割を担える知識を持った人という証明が動物葬祭ディレクターといえます。

このような資格が作られた背景としては、ペット葬儀を行う業者が急増する中、ずさんな対応をするペット火葬業者がきっかけでトラブルが多発していたことが背景にあります。
動物葬祭ディレクターという資格を設けることによって、業者のペット葬儀に対する知識の向上、信頼回復のために一般社団法人日本動物葬儀霊園協会が設立しました。

一応ペット火葬に資格が必要かといえば不要です。
特別な資格や経験は必要ありません。

重複した内容になるのですが、なんの資格も必要がないのでペット火葬業者の品質が低下したことからペット葬祭ディレクターは生まれました。
ペット葬祭ディレクターの資格を持ったスタッフが在籍していることで、信頼できる業者の証としてホームページに掲載しています。

余談ですが、火葬に必要な火葬炉は使用する場合は届け出が必要です。
火葬炉は火気を扱ううえに煙を排出するので安全や周囲への影響に配慮する必要があります。

そのため、規模の大きな火葬炉を設置する際は、届け出が義務づけられています。
自治体によってペット火葬やペット霊園について決まりが儲けられていたりもします。

動物葬祭ディレクターはどんな資格

動物葬祭ディレクターとは

動物ディレクターとはどのような資格なのかについて詳しく解説していきます。

まず、動物葬祭ディレクターは1級と2級があります。
2級は誰でも受けることができますが、1級は実務経験が3年以上必要です。

資格を習得するためには、ペット火葬や葬儀に関する知識は当然ながら、動物に関する法律、宗教、ペットロスなどについて幅広く学ぶ必要があります。
動物葬祭の歴史、火葬・土葬の知識。動物だけでなく人の葬儀についても学びます。

また、動物霊園施設を運営するための必要な知識。
そして悲しんでいる飼い主への配慮、心遣いを学ぶペットロス。
喪主である飼い主様への心遣いや礼儀についても学びます。

他には様々な宗教の方がペット火葬を利用しますので宗教についてや、ペット遺体の取り扱い方も知識が無いと感染症などに繋がるのでこちらについてもしっかりと勉強します。
これらの知識を持ち合わせているのが動物ディレクターなのです。

ペット葬儀に関するトラブル

ペット葬儀トラブル

度々紹介しましたが、ペット葬儀を行う業者が急増する中、ずさんな対応をするペット火葬業者がきっかけでトラブルが多発しています。
これがどんなトラブルなのか実際にあったペット葬儀でのトラブルを紹介します。

金銭トラブル

どの業種でもあることですが、見積もりと請求金額が大幅に違うというトラブルがよく挙げられます。
業者によっては勝手にオプションを付けてその分の請求を行う方もいます。
理由は業者側が金額が増減する際に説明を行わないことによることが原因です。

誤認火葬

火葬には、個別火葬と合同火葬があります。
飼い主は、個別での火葬を依頼したのに実際には合同で火葬されて遺骨の引取が困難になったという悲しい事例もあります。

火葬に立ち会わず、業者に任せる形で火葬を行う形で行うと悪い業者はこのようなことをしたりします。
業者スタッフのやり取りでの誤認なのか意図的なのか判別がし辛いため悪質だと言えます。

異なる遺骨

上記の内容に類似するのですが、遺骨の返却を希望していたらあからさまに違う遺骨が返納されるといった遺骨のトラブルも多く発生しています。
個別で火葬を行っていたらまず、起こり得ないトラブルだと思うのですが、個別火葬の依頼を火葬費用を抑えるため勝手に合同火葬にして意図的な犯行かもしれません。

遺骨の不法投棄

どの業者が行ったか判別がし辛いケースですが、業者に火葬・埋葬まで一任したが、埋葬どころか火葬もされずにペットの遺体を山にそのまま放置されていたというトラブルも過去にありました。
これは法律では不法投棄にあたり、業者だけでなく依頼した飼い主にも罰則が下されるという最悪のケースもあります。

悪徳営業

訪問セールスなどで過去にあった強引な営業が、ペットが亡くなって喪に服している飼い主へ行ってくる業者もいます。
内容が良いものなら耳を傾けてもいいと思いますが、希望しないものを押し売りしようとしてくる業者には屈しず絶対に断りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、動物葬祭ディレクターについて紹介させて頂きました。

紹介した通り、動物葬祭ディレクターの資格を持っていなくてもペット葬儀業者は事業を行えますし、動物葬祭ディレクターの資格を持っているから安心というわけでもありません。
資格を持っていても対応が悪い業者もあれば、資格を持っていなくてもとても親切丁寧に対応してくれる業者もいます。

動物葬祭ディレクターの資格は、ペット葬儀の知識をもった人という証明です。
大切なペットの最後のお見送りで、ぞんざいに扱を受けないように、相談した際に寄り添ってくれる業者を選ばれて下さい。

2024年01月30日 14:20

天国への扉 ペットメモリアル福岡

【フリーダイヤル】 0120-295-072

〒818-0135
福岡県太宰府市
向佐野2-3-13

【営業時間】 24時間・年中無休

店舗概要はこちら

サブメニュー

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2024 (16)

モバイルサイト

天国への扉 ペットメモリアル福岡スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら